営業事務は営業マンのサポートをするのが主な仕事です。営業マンが外出中に取引先から電話がかかってきた時に応対したり、受注した商品やサービスに関する事務作業を行ったり、契約内容の確認からクレーム処理に至るまで様々な営業のサポートをします。

私が営業事務をしていた時は、一人の営業マンに一人の営業事務がつき、常に連絡を取り合って仕事をします。営業マンが就業時間内にこなせない事務処理や情報収集、他の部署への問い合わせなどその業務は広範囲にわたります。営業マンが帰社してからしなければならない仕事もたくさんあるので、残業は当たり前のようにありました。仕事がハードなわりには給料はあまりよくなく、経理や他の事務作業と同じ給料でした。

しかし、仕事が多岐にわたるので様々な人と出会ったり話をする機会があり、それを通して学ぶこともたくさんあったので、営業だけでなく他部署の仕事との連携の大切さなども学ぶことができてよい経験になりました。